不労所得型の経営で成功した起業家が教える、秘密のノウハウ

週休7日で遊んで暮らしている起業家です。あまりにもヒマなので、私が今までの経験で得たノウハウを無償でお伝えしています。申し訳ございませんが、プライベートの自由な生活を守りたいので私の個人情報はできる限り秘匿とさせていただきます。皆様の幸せを願っています。

人に会うヒマがあるなら、評判のいい有料メルマガを読もう

 

人と実際に会い、人脈を広げていくことで成功している経営者も多い。

 

制限をかけずに交流を広げていくことは重要だ。さまざまな出会いからビジネス上のチャンスが生まれることは確かな事実である。

 

しかし、そこにメリットとデメリットの両方があることを意識しているだろうか? メリットばかりがあるように錯覚して、ぼんやりとした意識のまま新しい出会いを増やしていないだろうか?

 

「人と実際に会う」という行為にはメリットとデメリットの両方がある。

 

メリットは、得た情報を記憶しやすい点。どういうわけか、人と実際に会って話すとその話した内容が記憶に残りやすい。その点はメリットだ。

 

テンションが上がったり頭の回転が速くなったりするのもメリットだろう。人と実際に会う、という行為には気持ちを盛り上げる効果や知能を上げる働きがある。

 

ただし、その一方でデメリットがあるのも事実だ。

 

会いに行くために時間がかかるとかお金がかかるとか、そういうことではない。それよりももっと大きなデメリットが存在するのだ。

 

◇◇◇

 

私が怖いと思ったのは、人と会うと観念化が強い点である。

 

例えば、地方の中小企業経営者の集まりなどに参加すると、その集まりで形成されている固定観念に多大な影響を受け、いつの間にか自分の心にもその固定観念が形成されていることがある。

 

「地方での商売は厳しい」
「地方には優秀な人材があまりいない」
「後継者問題でどこも悩んでいる」

 

そんな情報をリアルの会話で大量に浴びていると、いつの間にかそれが“真実”のように感じてしまう。

 

やはり“リアル”の力は強烈。ネットや本などと違い、五感を通して情報が入ってくるために影響を受けやすい。

 

いつの間にか自分も、

 

「地方での商売は厳しい」
「地方には優秀な人材があまりいない」
「後継者問題でどこも悩んでいる」

 

と考えるようになり、それが観念化し、その観念が現実化するため自分のビジネスも厳しくなり、優秀な人材が集まらず、後継者問題で頭を悩ませることになるのだ。

 

これが実際に人と会うことのデメリットであり、たいへん怖いところである。

 

こうしたデメリットをしっかりと認識しておかなければ、人と会えば会うほど余計な観念が染み付いていくことになる。そしてその余計な観念が余計な現実を生じさせ、非常に遠まわりして目標達成に向かうことになるだろう。

 

厄介なのは、会話では適当に話されていることも多い点だ。

 

会話は文章と違い、修正が入っていない。その場の流れでいい加減なことを話してしまったり、誤解をまねくような表現が放置されていたりすることもある。そんな粗悪な情報を浴びるように脳内にインプットし、それが観念化したらどうなるか? ビジネスでスムーズに成功できるだろうか?

 

人と実際に会い、会話する場合にはリスクがある。そのデメリットを意識していないと人生を棒に振るかもしれないので、充分に気をつけよう。

 

◇◇◇

 

私が一番オススメするのは、特定少数に向けて文章で発信されている情報を大量にインプットすることだ。

 

手前味噌だが、私の有料メルマガはまさにそれ。少数の限られた人達だけに向けて文章で発信されているものだから、そこで発信される情報をインプットすればするほどビジネスの優位性は高まる。

 

どうして“特定少数”に向けて“文章”で発信されているものがいいのか?
その理由は、2つ。

 

1. 特定少数に向けて発信されている情報は希少価値が高く、優位性を生みやすいため

2. 文章で発信されている情報(特に有料情報)は、会話と違い、修正が入っていて“いいかげんなもの”ではないため

 

1に関してはわかりやすいだろう。「10万人が知っている情報」と「100人しか知らない情報」のどちらがアドバンテージになりやすいか、言うまでもない。

 

2は前述のとおり。会話ではしばしば“いいかげん”に情報が発信され、間違った情報が修正されないことも多いが、文章ではそういうことはあまりない。情報を正しく伝えようと何度も修正が加えられていることがほとんどなので、ある程度信頼できる。

 

特に有料の情報は著者が責任を感じていて、「お金をいただいている以上、いいかげんな情報提供はできない」と気合いが入っているし、「いいかげんな情報を発信すれば評判が悪くなる」というリスクも背負っているため、しっかりと修正が加えられている。

 

それに気づいたごくごくわずかな人達だけが、お金を払って強烈なアドバンテージを得ているのだ。

 

実際に人と会って情報を得るか、文章から情報を得るか。

文章から情報を得る場合、無料で得るか、有料で得るか。

 

その選択は自由だが、私がオススメするのは「有料の文章」である。

 

 

i.Sawamura