不労所得型の経営で成功した起業家が教える、秘密のノウハウ

週休7日で遊んで暮らしている起業家です。あまりにもヒマなので、私が今までの経験で得たノウハウを無償でお伝えしています。申し訳ございませんが、プライベートの自由な生活を守りたいので私の個人情報はできる限り秘匿とさせていただきます。皆様の幸せを願っています。

新規開拓が簡単に成功するようになった、意外な原因とは?

 

例えば、あなたが新規開拓に挑戦し、失敗が99回続いたとしよう。

 

<例>

・飛び込み営業で99回断られる
FAXDMに99回挑戦したが反応ゼロ
・ブログを99個立ち上げたが、どのブログからもお客さんがやってこない

 

こんなふうに失敗が99回続いたとする。

 

この場合、100回目の挑戦で成功する確率はどれくらいだろう?

 

いろんな考え方があるが、例えばこんなふうに考えることができる。

 

「成功する人間はPDCAをすごい勢いでまわすから99回も失敗が連続するわけがない! したがって、99回失敗した人間が100回目の挑戦で成功する確率は限りなくゼロに近い」

 

一方、こんなふうに考える人もいるはずだ。

 

「99回も失敗したということは、その過程でさまざまな経験をし、知恵を得ているはず。したがって、100回目の挑戦は極めて成功確率が高い」

 

こんな考えもあるだろう。

 

「1回目だろうが100回目だろうが200回目だろうが、確率は同じ」

 

どの考え方も納得できる。
そして、どの考え方も観念だ。

 

どの観念を選ぶかによって、どんな現実を生きるかが決まるだろう。

 

重要なことは、「自分の選択した観念が現実化すること」を認識し、自分の望む現実を生じさせる観念を丁寧に選ぶことだ。

 

例えば、あなたが「成功しない未来」を望むなら、一番はじめに紹介した例の観念を選べばいい。

 

「成功しない未来を望む人間なんていないだろう。少なくとも今これを読んでいる読者のなかには!」

 

と思うかもしれないが、そんなことはない。

 

むしろ、私の目から見ればほとんどの人達が成功を望んでいない。今の自分を変えて「今以上に成功する人生」を生きるより、今の自分を変えずに「今以上に成功しない人生」を生きるほうがストレスがなくラクなので、ほとんどの人達が「今以上に成功しない人生」を心の奥底で望んでいるのだ。

 

だから、そういう人はそれにふさわしい観念を選べばいい。
それはそれで、その人の人生である。

 

逆に、「絶対に成功する」と決めている人は、それにふさわしい観念を選べばいいだけだ。

 

「99回も失敗したということは、その過程でさまざまな経験をし、知恵を得ているはず。したがって、100回目の挑戦は極めて成功確率が高い」

 

と考えるか、

 

「1回目だろうが100回目だろうが200回目だろうが、確率は同じ」

 

と考えて挑戦をやめないか、いずれにしても成功にふさわしい観念を持てば成功する。

 

結局は「定着した思考」の問題なのだ。いくら才能があっても、いくら実力があっても、いくら頭が良くても、自分自身に定着した思考がずれていれば望む成果が得られない。

 

だからこそ、私は社員研修起業家育成の仕事をするとき、「定着した思考」を変えるお手伝いから始める。

 

 

i.Sawamura