不労所得型の経営で成功した起業家が教える、秘密のノウハウ

週休7日で遊んで暮らしている起業家です。あまりにもヒマなので、私が今までの経験で得たノウハウを無償でお伝えしています。申し訳ございませんが、プライベートの自由な生活を守りたいので私の個人情報はできる限り秘匿とさせていただきます。皆様の幸せを願っています。

お金を使うたびに豊かになる人、その特徴とは?

 

私には、お金を使うたびに豊かになっている感覚がある。

 

何か物を買ったりサービスを受けたりするたびに、

 

「これでますますお金持ちになってしまうなぁ」

 

と喜びがあふれてくるのだ。

 

どうしてそう思うのか?

 

理由は単純。
そう思うように使っているから、である。

 

例えば、カフェでコーヒーを頼んだとしよう。その場合、カフェでコーヒーを飲むことでリラックスできることは明らかだ。そのリラックスは私の仕事のパフォーマンスを向上させ、収入増加につながるだろう。

 

だから、コーヒー代の支払いをする時レジ前でこう思うのだ。

 

「これでますますお金持ちになってしまうなぁ」

 

時には、コーヒー代を受け取る側の豊かさまで想像する。

 

「このコーヒー代がアルバイトの時給になって、その時給を受け取ったアルバイトの女の子が好きなものを買うお金になって、好きなものを買えたその女の子は豊かな気分になって……」

 

といったように、自分が使ったお金が誰かを豊かにしているイメージをして、世界全体の豊かさに貢献している気分にひたるのだ。

 

そうすると、

 

世界全体が豊かになる = 世界の一部として存在している自分も豊かになる

 

と実感し、豊かさ意識が育まれる。

 

面白いもので、そうして豊かさ意識が育まれると収入が増えていく。「ますます豊かになる」という観念が「ますます豊かになる現実」を生じさせるものなのだ。

 

あなたは、お金を使うたびに豊かさを感じているだろうか?

 

ひょっとして、その逆になっていないだろうか?
(お金を使うたびに貧しくなる感覚になっていないだろうか?)

 

貧困意識が強化するように支払いをしている人が多い。
気をつけよう。

 

 

i.Sawamura